悔いのない引越しは事前準備が肝|頼りになる業者を見つけ出せ

婦人

回収業者を利用しよう

ダンボールと女性

引越のときにでる不要なものや粗大ごみなどは専門の回収業者に依頼をしましょう。どんなものでも引き取って代わりに処分してくれるので利用しやすく、口コミでも高い評判を得ています。

もっと読む

低コストで抑えよう

PCを操作する女性

新しいアパートやマンションに引越しをする人が増えてきました。ですが、引越しを行う前にしっかりと料金の相場を把握しておかなければ大きな損をしてしまうこともあるようです。

もっと読む

新しい住まいにお引越し

男女

引越し業者に依頼をして、日程も無事に決まり、後は荷物を移動させるだけというときに荷造りはいつ始めたらいいのかわからない人は多くいるでしょう。荷造りはとても時間がかかるので早めに取り組むようにしましょう。引越の予定日から2週間から3週間前には荷造りを行うと慌てることがなく、キレイにダンボールに荷物を詰めることができます。引越の作業をもっとスムーズにするには荷造りのコツを押さえておきましょう。まず1つめに、押入れにある物から荷造りすると良いです。なぜなら、押し入れには普段使わないものをしまっていることが多いからです。押し入れにある荷物を詰めながら、不用品を整理することで、新しい転居先ではいらないものが何一つなく模様替えなどに没頭することができるので一石二鳥です。2つめに、重たい荷物は小さなダンボールに詰めて、軽い荷物は大きなダンボールに分けるといいでしょう。重たい物を大きなダンボールに入れてしまうと自分で運ぶとき、引越し業者のスタッフも持ち上げることが困難なことがあります。また、持ち上げたときにダンボールが破れてしまい、スムーズに作業ができなくなってしまうケースも少なくないので注意しましょう。それ以外にも冷蔵庫を運ぶときは、中身を取り出しておいたほうが無難です。そのまま運ぶと冷蔵庫の中身が腐ってしまい、後から面倒なことになってしまいますので気をつけましょう。食器類などを運ぶときは、ダンボールに「割れ物注意」と書いておきましょう。悔いのない引越しは事前準備が何より大切です。頼りになる業者を見つけ出しましょう。

安心して任せられる業者

財布と紙幣

引越し業者を利用したことがある人は多くいるでしょう。引越し業者に依頼をしたいけど良い業者の見極め方がいまいちわからない人は業者の特徴を調べておくことが大切です。そして選ぶポイントを押さえましょう。

もっと読む